首や肩の痛みの原因

肩のお悩み改善情報

首や肩の痛みの原因

首や肩の痛みの原因 朝起きて身体が痛い時、寝違えたものと考えがちです。その痛みが何日経っても治らなくて始めて別の症状を疑う方が殆どでしょう。
肩の痛みがある時に原因として先ず最初に考えられるのが、重い荷物を持ったり重いカバンをショルダー形式にして肩からかけていたという事があります。その次に考えられるのは、冷えから来る血行障害によって引き起こされる痛みです。自分では気付いていなくても、冷えは少しずつ身体を蝕み、痛くなってから気付くという事が大半です。そして今の時代に増え続けているのが、パソコンやスマートフォンの使用によるストレートネックです。俯いたままの姿勢を長時間続けることにより、頭部から肩にかけて緊張した状態となり、さらには首の骨が本来の形と変わってしまう事による痛みです。
首はとてもデリケートかつヘルニアなどの重篤な症状を引き起こす箇所でもあるので、痛いからと言ってむやみに回すのは危険です。部位が近い事もあり肩の痛みと連動していることが殆どなので、何日も治らない場合は専門の医療機関の診察を受けることをお勧めします。"

肩の痛みは日常の体勢からきていることもある

肩の痛みは日常の体勢からきていることもある 肩の痛みを感じるような時は、運動不足や寝違えたことを疑うようなこともありますが、そうした特別なことをしなくても感じてしまうことがあります。特にデスクワークをしている人であれば、いつも同じ姿勢で仕事をしているせいで、それが肩に負担がかかり肩の痛みに繋がっているということもあります。ですから、姿勢を変えたりマッサージをしてみたり、肩の傷みが改善できるようなグッズを使ってみましょう。グッズは自分一人でもうまく使えるものが好ましいです。
また、適度に肩から上の運動をすることも大事です。首を回す運動をしてみたり適度に仕事の合間合間に休憩時間を入れて、腕を上にあげるということをしてみましょう。同じ姿勢で長くいることで血流も悪くなりますから、それが肩の痛みになっているということもあります。まだ軽度であれば整体などにも行かず自分で解決することもできるので、そうした自分でできるケアなどにも注目してみると良いです。